【todoro ニュースレター No.1】ヒヒの歯?いや母の日がやってくる!

【アーカイブとして本文だけを抜粋してそのまま保存しているバックナンバーのため、記事内の情報やリンクが古いことがあります。次号最新版の配信はページ下部の「ニュースレター購読の登録」からメールアドレスをご登録ください。】
配信日:2024年5月1日

こんにちは('-')/
todoroの平岡です。

不定期のニュースレターをお送りします。

世間はゴールデンウィークですね。なんか今年は前半と後半に分かれている感じで、いまいち連休感も出ず、ゴールデンというより薄めの黄色くらいやなと思ってます笑。

もうすぐ母の日ですね。宣d…いや、昔話を少し。笑

自分の話になっちゃいますが、僕は4人兄弟の末っ子で、とにかく食べ物やおもちゃの争奪戦など、子どもの頃は常に不満を抱えていました。最後にはもう何も回ってこない笑。何よりも全部がお下がりなのが嫌で、習字道具なんて姉の赤いのを使う日もありました笑。幼稚園の頃、4人揃って絵本の読み聞かせをしてもらう時、おかんの膝の上は自分には特等席だった記憶があります。

もう昔の話ですが母親は某有名女性下着メーカーのミシン部隊だったこともあり、とにかく手先が器用です。自分のものづくりの原点は、おそらく親父ではなくて、おかんだったのでは、と最近思うようになりました。自分の家業は金属加工の町工場ですが、幼い頃は、金属加工の現場を見るより、裁縫を見る方が遥かに頻度が高かったですからね。幼稚園、小学校に持っていく袋類は全て手作りでした。オリジナリティと愛着の関係、縫製と丈夫さの関係なんかを、おぼろげに学んだのかもしれません。今、自分が2人の子供を育てていて思いますが、4人も子供がいて、どこにそんな時間があったんやろう、いつ寝てたんやろうと思います。椅子に座って、うたた寝していた姿をよく覚えています。

自分の結婚式の一コマです。新郎も一旦退場の流れで、お世話になった人を指名して付き添いをしてもらうシーン。僕が選曲したウルフルズの「かわいいひと」が流れ、「おかん!」と叫んだ瞬間の、漫画の集中線よろしく来客の視線が注がれた先に、天敵に見つかった子リスみたいに目を真ん丸にしたおかんの姿が可笑しくて、思い出すと笑ってしまいます。

この感情をマザコンと呼ぶのなら、もう人類みんなマザコンでええんちゃうかな、と思います笑。羞恥より平和が大事です。笑

っと、宣伝を忘れてました。あぶないあぶない笑。todoroのアイテムでは、キッチンや食卓で活躍するhazureや歯ブラシ立てにも使えるchikuwaなんかが幅広い世代に使ってもらえやすいと思います。ごめんなさい、プレゼント包装の用意はありませんが、気持ちを込めて梱包させていただきます。モノを贈るのではなくて、ウルフルズ聴きながら一緒に食事をするなんていうのもいいかもしれませんね。

素敵なゴールデンウィーク、素敵な母の日を。

またニュースレターでお会いしましょう('-' )\m/

Back to blog